注目のお仕事

バイトでも年末調整は必要?対象条件の紹介

「年末調整」とは正社員の人だけの手続きで、バイトは関係ないと思っていませんか?実際は条件によりますが、バイトでも必要になってくる場合があります。バイトでも収入の金額によりけりで、年末調整をし、お金が戻ってくることもあります。そんな時に損をしないようにしたいものです。また、そもそも年末調整とは何なのか、所得税とは何なのか、そしてバイトでも年末調整の手続きが必要になる条件など、正しい知識を知っておきましょう。

f:id:insuta:20180831120353j:plain

はじめに年末調整とは何か

勤務先でお給料を頂く際に、月収が8,8000円以上になった場合、「所得税」を”あらかじめの金額”で給与天引きで支払う、という仕組みになっています。

そして”正しい納税金額”は一年の所得合計の金額が決まってから算出されます

そこであらためて「納税すべき正しい金額」と「今まで給与天引きされてきた金額」での差額の確認をするのがいわゆる「年末調整」となります。

 

所得税とは

「所得」とは給与や賞与などによって得た、ご自身の1年間の収入のことを指します。

掛け持ちで働いている場合は全ての合計となります。そして「所得税」とはこの所得に対して、かかってくる税金となります。

なので同じ勤務先で努めていても、1年ごとに金額が異なってくる場合もあります。

 

バイトの年末調整対象の条件

バイトでの年末調整が対象になってくる条件は主に3つあります。

ひとつはごもっともなことですが、「年末に在籍している」、ふたつめは「バイトはひとつしかしていない」、みっつめが「会社の指定日までに給与所得者の扶養控除等申告書及び給与所得者の保険料控除申告兼給与所得者の配偶者特別控除申告書を提出している」となります。

 

バイトでも年末調整は必要

上記でお伝えした通り、バイトでも「月収8,8000円以上のなった場合」は年末調整が必要となってきます。

また、バイトの掛け持ちなどを行っている場合は、どちらかの会社でのみ年末調整の手続きが可能になるので注意してください。基本的には収入が多い方の会社で年末調整してもらい、もういっぽうの会社では源泉徴収票をもらい、自分で確定申告へいきましょう。

 

年度途中で退職した場合はどうなる?

年末調整は年末の手続きのため、年末前に退職をした場合は自分で「確定申告」をすることが必要になってきます。

その場合は会社から基本的に「源泉徴収票」が発行されます。確定申告の時に必要になってきますので、なくさないよう保管しておきましょう。

また、違うところでバイトを始めた場合は、そこの会社の分の源泉徴収票と、前の会社の分の源泉徴収票が必要になってくるので注意しましょう。

 

源泉徴収とは

「源泉徴収」とは給与などから、所得税をあらかじめ天引きして支払う仕組みのことを指します。あらかじめの金額とは、前年度の収入によっての算出になります。

あらかじめの金額なのですが、1年分の税金を一括で支払うのはすごく大変なので、従業員側の負担を軽減してくれる仕組みとなっています。

 

確定申告とは

「確定申告」とは1年間の所得や控除の金額を計算して、所得税の金額を決める仕組みとなっています。

バイトの掛け持ちや、バイトを途中退社した場合などは年末調整が行えないため、自分で確定申告をする必要があります。

年度末になると役所で手続きしてくれますので、忘れず行きましょう。

 

 

年末調整のまとめ

年末調整は簡単に言ってしまえば、「88,000円以上稼いでいて、年末に会社にいる人があらかじめ支払った所得税のプラスマイナスの調整をする」ということです。

なので学生の人でも対象になります。

掛け持ちでバイトをしている人は月収の多いほうの会社で年末調整を行ってもらい、確定申告に行くということです。

対象者のバイトの人は会社の指示を仰いで手続きしてもらいましょう。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス