注目のお仕事

バイトが決まった!入社後の基本的なマナーとは?

希望のバイト先に勤務が決まると、ドキドキわくわく、さまざまな期待と緊張をするものです。せっかくやりたかったバイト、そしてそのバイト先には必ず先輩や、責任者の方がいらっしゃいます。学校は自由気ままに、友達とわいわいという感じですが、基本的にはバイト先ではそうもいきません。友達感覚で先輩に接しては失礼な場合がほとんどです。なので、まずバイト初日から基本的なマナーをもって、人と接していきましょう。

 

f:id:insuta:20180831122624j:plain

マナーその1.出勤時間

基本的になんでも「10分前行動」が理想です。例えば17:00出勤であれば16:50には勤務先についているような状態がベストになります。早すぎても迷惑が掛かってしまう場合があるので、上司に出勤時間の指示を仰ぐか、「10分前行動」を心がけましょう。

そして、もちろんのことですが遅刻は絶対にNGです。

初日から「寝坊しました」などですと印象がた落ちになってしまいますし、それこそ一般常識の問題になります。

やむを得ず遅れてしまう場合は、遅れてしまう旨と、簡潔な理由をバイト先に連絡を入れましょう。

ちなみに電車が遅延しているときは必ず駅員さんに「遅延証明書」をもらい、バイト先に提出しましょう。

 

マナーその2.先輩方へのあいさつ

あいさつは第一のコミュニケーションになり、とても大事なことです。

初日はまず何もわからないので、出会った先輩には「はじめまして、今日からお世話のなります〇〇です。宜しくお願い致します。」とあいさつをしましょう

バイト先によって出勤時の挨拶の仕方が異なりますが、「おはようございます」、「こんにちは」、「お疲れ様です」とおおきくわけて3種類あります。

初日に先輩をみてあいさつをまねる、もしくはどういうあいさつをすればいいのか確認して、あいさつはきちんと行いましょう。

 

マナーその3.身だしなみを整える

身だしなみは人の第一印象になります。

だらしなく見られないように、制服があるバイト先であれば規定どおりに着用し、邪魔になるアクセサリーなどは外しておきましょう。

男性は髪のねぐせやひげのそり残しなど、女性はナチュラルなメイク、髪が長い場合は束ねるなど、あとは男女共通に香水や口臭に気を付けたりと、清潔感を大事にします。

表情も無表情だったりすると感じが悪いので、明るい表情を心がけましょう。

 

マナーその3.持ち物

バイト先によっては、会社へのバイトの登録に書類や印鑑が必要となる場合があります。それらは忘れることなく持っていきましょう

また、はじめは覚えることがたくさんあります。なので、ポケットに入るくらいの小さいメモ帳と、筆記用具も忘れず持っていきましょう

あとは個人的な飲み物やお弁当など、必要なものは上司にああらかじめ確認をとっておきます。

 

マナー番外編.LINE 

ある程度打ち解けてからのLINEの招待だったらまだしも、初日から業務連絡などのためにグループに入るように言われたら?

招待されたら早めにあいさつのメッセージを入れましょう。「〇/〇にちからお世話になっています、バイトの〇〇です。よろしくお願いいたします。」という感じがベストです。

グループなので簡潔にあいさつの文を送りましょう。

そしてそのグループの発言内容をよく確認して、「空気の読めないやつ」みたいにならないようにきをつけたいところです。

マナーと一般常識

初日は誰でも緊張するものです。

しかし、しっかりとあいさつをすることによって、まわりにだんだんと馴染んでいけます。

基本マナーのポイントは「あいさつ」、「言葉遣い」、「笑顔」です。

第一にあいさつ、そして先輩方への言葉遣いも気を付けたいところです。

正しい敬語、丁寧語を使ってコミュニケーションをとっていきましょう。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス