アルバイトの応募についてのノウハウのまとめ

「時給のいいところでバイトを始めたい」「飲食店のバイトをやってみたい」など、バイトの応募動機はおのおの思いがあります。そんな中、せっかくいいバイト先を見つけても、応募の仕方によっては悪い印象を与えてしまうこともあります。そうすると採用率もぐんと下がってしまいます。そんな残念なことは回避するよう、バイトの応募でどういう対応をしたら好印象を与えるか、ベスト対応、NG対応などのノウハウを紹介します。

 

f:id:to_B:20180927181848j:plain

通常のバイトの応募の流れ

まずは求人サイトや求人広告から働きたいバイト先を探します。今の世の中、さまざまな求人媒体があります。電話での応募をするところ、WEB応募で折り返し電話がかかってくるところ、メール返信のところと応募の仕方も何種類かあります。通常は求人媒体にどう応募するべきなのか記載されていますので、気を付けて応募をしましょう。

 

電話での応募のベストな対応

第一のポイントは明るい声ではきはきと、丁寧な言葉づかいで話しましょう。相手方が電話に出たらまず「求人サイトの○○をみてお電話をしているのですが、アルバイトの応募をしたくお電話いたしました。○○と申します。採用担当者の方はお手すきでしょうか?」という感じで話し始めます。そうすれば企業側もわかりやすくシンプルでつかみはOKです。そして、電話をする時間帯としては夜の遅い時間は避けましょう。(24時間営業や、飲み屋さんなどを除く) 

 

応募フォームでのベストな対応

基本的にフォーム入力後、企業から電話がかかってきます。上で紹介した電話対応の応用です。だいたい『○○様でしょうか?○○店の○○です』とうふうにかかってきますので、「ご連絡ありがとうございます」など、まずは連絡をもらったことにお礼を言いましょう。だいたいこの電話で面接の日時のすり合わせを行います。企業から日にちを設定されることが多いので、なるべく企業に合わせるよう心がけましょう。どうしても都合がつかない時は「〇日の午後でしたらいつでも大丈夫です。」などこちらの要望を伝えましょう。

 

 電話でのNG対応例

暗い声での受け答え、語尾を伸ばすようなだらしない返事の仕方、まとまりのない話し方、雑な言葉遣いは絶対にNGです。応募の電話に自信のない人はカンニングペーパーを作っておくのもスムーズに応募できるひとつの手段です。あとは緊張しすぎて早口になってしまって「はい?」と聞き返されてしまったりしないよう、落ち着いて相手のことを考えながら自信をもって話しましょう。

 

メールでのベストな対応

 例文です。

「株式会社〇〇

採用ご担当者様

はじめまして。〇〇求人サイトを見て応募した〇〇と申します。

求人広告を拝見して、是非御社」で働きたいと思い、ご連絡させていただきました。

ぜひ面接をお願いできますでしょうか?

〇月〇日( ) 〇:〇〇~〇:〇〇

〇月〇日( ) 〇:〇〇~〇:〇〇

〇月〇日( ) 〇:〇〇~〇:〇〇

でしたら調整が可能です。

何卒宜しくお願い致します。

〇〇〇〇(フルネーム) 090-0000-0000」

という感じがベストです。こちらの都合は3日くらい伝えると企業側も対応しやすくなります。そしてメールで一番注意しなければならないところは「誤字・脱字」です。送信前に変なところはないか、キチンとチェックしましょう。

 

バイトを始めるまでの第一歩の「応募」

やはり人間第一印象はとても大事になります。ましてや面接の応募は電話やメールなのでお互いに顔が見えません。相手に悪いイメージが残らないよう努力しましょう。電話では、はきはきと丁寧な言葉で話し、メールでは応募したいという内容をシンプルに、わかりやすく書き、誤字脱字チェックを忘れずにおこないましょう。

すべての人にインターネット
    関連サービス